2018/02/26    2018/06/25

【保存版】酵素ファスティングのやり方、ダイエット方法

田中 裕規(断食メガネ)/ファスティング、ホリスティック栄養学、分子栄養学、酵素栄養学、妊活、筋トレの専門家

プロフェッショナルファスティングマイスター(1級断食指導者)
田中 裕規(断食メガネ)/ファスティング、ホリスティック栄養学、分子栄養学、酵素栄養学、妊活、筋トレの専門家

ファスティングをやってみたいけど、正しいやり方が分からない、不安、好転反応ってなに?頭痛は出ないの?準備食は?回復食は?と分からない事がたくさんあると思います。

検索してもたくさん情報があり、どれが良いのかも分からない。

言ってる事もバラバラなのでどれを信じれば良いか分からない。

と悩んでいる方もいると思います。

酵素ファスティングは正しい方法で行えば、ラクに過ごす事ができ、ダイエット効果、美肌効果、健康効果を実感する事ができます。

簡単に説明すると、最も大切なのは準備食です!
準備食をしっかり行わないとファスティングを開始して1~3日間は不調が出る事があります。

ファスティング期間中は専用ドリンクと、マグマソルト、梅干しで塩分、ミネラル分を補給しながら、水やハーブティーを飲みながら過ごします。

ファスティング中のダイエット効果を高めるには心拍数を130~140に上げて40分以上の有酸素運動を行う事で脂肪燃焼が高まります。

回復食もメニューによっては食べ過ぎに繋がるので、リバウンドを防ぐ為にも正しい食事内容で過ごす事でリバウンドも抑える事ができます。

その田中式ファスティングの方法を順を追って説明していきます。

 

酵素ファスティングの準備食

準備食では1~2週間前からグルテン(小麦)、カゼイン(乳製品)、カフェイン、甘いおやつ(スイーツ)をカットします。

グルテン、カゼインは腸の炎症を引き起こし、腸内環境を悪くします。
脳の幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌には腸内環境が大きく左右するので、準備の段階で腸内環境を整える事から開始します。

『パンを食べ出すと止まらない、、、』
『牛乳、乳製品が止められない、、、』
という経験はありませんか?

グルテンにはグリアジノモルフィン、カゼインにはカソモルフィンというモルヒネに似た麻薬中毒性があるので、ファスティングを不調無く過ごす為にもグルテン、カゼインは控えて下さい。

グルテン、カゼインを控えると早い人で2日~3日目あたりから、むくみ、肌の艶、寝起きの軽さを感じます。

逆に、2~3日目あたりあたりからダルさ、頭のもやもやなど離脱症状で疲労感を感じる方もいるので要注意。

 

カフェインは中毒性があり、交感神経を刺激するドーピング。
コーヒー、紅茶、緑茶、ウーロン茶、ジャスミン茶、ほうじ茶、抹茶など日常的にカフェインを摂取している場合、カフェイン摂取を止めて1~3日で頭痛、吐き気、めまい、脱力感、頭のもやもやなどの症状が出る事があります。

特に1日2杯以上のコーヒーを飲んでる方は要注意。

「ファスティングを開始して1~2日目に頭痛が酷くて中断した。」
というのを良く聞きますが、これはカフェインの離脱症状の事が多く、頭痛、吐き気、脱力感を軽減させる為にも早い段階でカフェインを止める事をおすすめ致します。

止めて1~3日は中毒症状による不調が出る事がありますが、頭痛が出てもなるべく鎮痛剤は飲まず、頑張って乗り越えて下さい。
症状が出なければラッキーです。

 

スイーツを日常的に食べている方は、慢性的な血糖値の乱高下によって、血糖値コントロールに乱れが出る事があります。
血糖コントロールが出来なくて怖いのが、ファスティング中の低血糖症状です。

ファスティング中は酵素ドリンクで血糖コントロールができるので良いのですが、睡眠時に夜間低血糖で苦しくなって目が覚める事があります。

夜間低血糖とは、睡眠時に血糖値が低くなり、血糖値を上げるホルモンが働けない事で睡眠時に冷や汗、悪夢、動悸、頭痛で目が覚めたりします。

普段から単純糖質(砂糖類、スイーツ、チョコなどのお菓子)を食べる事が多く、昼食時に炭水化物を摂ると眠くなる方は注意が必要です。

出典:http://www.club-dm.jp/

出典:http://www.club-dm.jp/

 

なるべく準備の段階からスイーツ、ジュース、なんちゃらフラペチーノなど血糖値の乱高下を引き起こす物は避けて下さい。

普段から甘い物を多く食べたり、脂っこい物、お酒が多い方は糖質、脂質、アルコール代謝にビタミンB1、B2、B6、ビオチン、パントテン酸などのビタミンB群を浪費する事で不足している事があります。

ビタミンB群が不足するとミトコンドリアの働きが低下し、脂肪代謝の低下に繋がるので、2週間前、せめて1週間前から、スイーツ、チョコ、お酒など、ビタミンB群を浪費する物は避けて下さい。

 

酵素ファスティングに入る2日前から肉、魚、卵など、動物性タンパク質、天麩羅、フライなどの揚げ物も食べないようにします。

タンパク質も大切な栄養素ですので、無理に1週間、2週間前から控える必要は無く、控えるのは2日前からで問題ありません。

コンビニ、スーパーの惣菜、冷凍食品、添加物モリモリの食品はなるべく控えて下さい。

食事内容は食物繊維、発酵食品、野菜、海藻、ビタミン・ミネラル、栄養価の高い食材を食べてください。

ダイエット目的であっても、準備食で炭水化物を控える必要はありません。

極端に糖質を控えると甲状腺ホルモンの低下が早くなり、逆に代謝を落としてしまう事があります。

但し、食べ過ぎは控え、炭水化物はいつもの5~8割程度の量にして下さい。

詳しくは◎コチラ◎に書いています。

 

酵素ファスティング中の過ごし方

酵素ドリンクは水に薄めたものを一日を通して小まめに飲みます。

私が使用している酵素ドリンク(マグネシウムが代謝促進、L-カルニチンで脂肪燃焼促進、グルタチオン・MSMで解毒促進、食物繊維で腸内環境改善)の場合、
女性:200~250ml
男性:250~300ml
酵素1:水6以上の割合で薄め、1日を通して、高級ホテルで上品にアフタヌーンティーをすするように小まめに飲みます。

他に、酵素を薄めた水を含め2リットル以上の水分(水、炭酸水、ノンカフェインのオーガニックハーブティーなど)を摂り、尿からのデトックスを促進させます。

水分2リットルは酵素ドリンクを薄める際の水も含めてください。

水をたくさん飲む事でむくみを心配する方もいますが、ファスティング中は血流、リンパの流れが良くなる事でむくみが無くなりスッキリします。

水分量が少ないと血流、リンパの流れが悪くなり、老廃物の排泄も低下します。

水以外に炭酸水、オーガニックハーブティーなどで過ごしますが、カフェインを含む飲み物は控えて下さい。
麦茶はノンカフェインですが体を冷やす効果があるので、控えて下さい。

ハーブティーを選ぶ際はオーガニック、香料無添加の物を選び、鉄分が多い物や、利尿作用が高いハーブがブレンドされた物を選ぶと代謝とデトックスが高まります。
ビューティークレンズ

ファスティング中のダイエット効果を高めるには、朝の運動がオススメです。

心拍数130~140くらいのジョギングやクロストレーナー、ウォーキング、バーピー、ジャンプスクワット、水泳などの有酸素運動、筋トレ、ヨガなど行う事で脂肪燃焼がさらに高まります。

ファスティング中の加圧トレーニングはお休みするか、ファスティングを熟知している専門のトレーナーの指導のもと行うか、圧設定を変更したうえで行って下さい。
ファスティング中は血流が良く、血圧も普段より低めになる事でいつもと同じ圧設定にすると血管損傷リスク、酸化リスクがいつもより高くなる可能性があります。

運動中に低血糖を引き起こす危険もあるので水で薄めた酵素ドリンクは必ず持ち歩いて下さい。

運動習慣が無い方が張り切って運動を行うと不調を招きますので、軽めの強度から始めて下さい。
1日目に頑張り過ぎて、残りの期間を筋肉痛で動けないまま過ごす事が無いよう適度な運動にしてください。

代謝を高めるにはビタミンB群をサプリで摂る事でミトコンドリアの働きを高め、充分なエネルギーの確保と脂肪代謝促進に繋がり、ダイエット効果が高まります。
※葉酸(Folic Acid=人口葉酸)入りのビタミンBサプリは控えて下さい
人口葉酸は体内の葉酸の働きを阻害し、DNAの発現、解毒(メチレーション)に悪影響を及ぼす可能性があります。
(日本で販売されている葉酸サプリは法律上全てFolic Acidとなっています。葉酸を摂る場合、海外のサイトなどで5-MTHF(メチル葉酸)と書かれた物を選んで下さい。)
代謝を高めるビタミンBサプリ⇒ビタミンBバーナー

 

お風呂や、岩盤浴、よもぎ蒸し、低温サウナなど汗を出してデトックスを高める事もオススメです。
バスソルトを入れての入浴は冷えた体を温め、発汗力を高める事でデトックスを促進させる事ができます。

半身浴、岩盤浴、サウナで急に立ち上がると立ちくらみを起こす事がありますので気を付けて下さい。
入浴前後のマグマソルトで塩分補給も忘れずに。

オイルマッサージ、リンパケア、鍼灸でリラックスするのも良いです。

 

3日目の朝あたりに脱水状態になる事があります。
ファスティング中は水分を多く摂り、尿をたくさん出す事で体内の塩分、ミネラル分が不足する事で脱水症状を引き起しやすくなります。

脱水状態を防ぐためにも毎日マグマソルト2~3g前後やミネラル酵素梅干し1~2個で塩分、ミネラル補給を行って下さい。

塩を摂る目安量ですが、舐めて甘く感じた時は塩不足ですのでしっかり摂ってください。

しょっぱく感じる時は足りているサインですので、体感で量を調整し、運動やサウナで汗をたくさん出した際は多めに摂ってください。

特にミネラル摂取は大切で、ミネラルは体内の酵素を働かせるうえで重要な補因子であり、ミネラルを補給する事で体内酵素の働きが円滑に行え、新陳代謝を整える事ができます。

 

ミネラル酵素梅干しはヒマラヤブラックソルト(黒岩塩)で漬けた特別な梅干しであり、酸性に傾きがちな血中phをアルカリに傾ける作用と、血液サラサラ作用で代謝を整え、デトックスや脂肪代謝を整える事ができます。

ファスティング中はケトン体の量が増え、ケトン体が血中を酸性に向け、脱会(骨からカルシウムを剥ぎ取り血中のphを保つ)を促進させてしまいます。

梅干しを食べる事で塩、鉄、ミネラルの補給と、梅干しが血中をアルカリに保つ事と、梅干しの酸が腸内で発酵を促し、腸内環境を良くしてくれます。

古来梅干しは『三毒を消す』と言われ、水の毒、食べ物の毒、血液の毒を消す作用があると伝えられています。

ファスティング中に梅干しを食べる事で、よりファスティングの効果を高める事ができます。

 

ファスティング中の不調

ファスティング初日、2日目に頭痛がある際はマグマソルト、ミネラル酵素梅干しを摂る事で軽減されます。

それでも治まらない方は、グッと堪えて過ごしてください。
ファスティング中の頭痛につい

 

ファスティング中に舌苔といって、舌が白くなる人がいます。

kanjida

これは主にカンジダ菌が異常増殖している方に出やすい症状です。

これまでの生活習慣でカンジダが好む食生活(甘い物、スイーツ、乳製品)を送っていた方、抗生物質、ピルなど服用する方で口腔カンジダが疑われると腸のカンジダ菌も異常繁殖している可能性が極めて高いので要注意です。

ニキビ、アトピーで悩む方もカンジダが原因で発症している場合があります。

ファスティング後に食生活を見直し、カンジダ除菌を行う事をおすすめ致します。

必要があればカンジダ除菌のカウンセリングを行っていますのでご相談ください。

 

ファスティング中に生理がきても特に問題ありませんので、可能ならそのまま続けてください。

 

ファスティング中に妊娠が発覚した際は一旦中断するか、医師、専門家に指示を仰いでください。

 

 

酵素ファスティングの回復食

回復食は準備食と同じように肉、魚、卵などの動物性たんぱく質、グルテン、カゼイン、カフェインを控えた食事で過ごします。

期間は3~4日間。

ファスティングを5日間行ったら5日間の回復食。
7日間行ったら7日間の回復食。
といった情報もありますが、回復食が長すぎるのも低栄養状態になり良くないので、胃腸が食事に慣れたらしっかりと栄養を摂る事をおすすめします。

ファスティングで細胞は元気に生まれ変わっています。
いつまでも低栄養の状態で過ごすより、しっかりと高栄養の食事に戻して体をリフォームしてください。

回復食期間のたんぱく質補給として、和のお出汁(鰹節、昆布、椎茸、いりこなど)、ボーンブロス(骨や肉のダシ)はオススメです。

 

リバウンドを防ぐ為に回復食2日間は炭水化物を控え、低糖質で過ごして下さい。

ファスティング明けはホルモン感受性が高まり、インスリンの感受性も高まっている状態です。

糖質多めの食事でインスリンをたくさん出してしまうと脂肪の合成も促進されるので、なるべく糖質は控えた食事にする事でリバウンドを防ぐ事ができます。

また、高糖質の食事を食べるとインスリンの効きが良くなっている事で、一気に血糖値が下がる事で、次に血糖値を上げる為、無駄な食欲が増してきます。

そうならない為にも野菜、食物繊維をたくさん食べて血糖値コントロールを行う事が大切となります。

お酒はなるべく4日以上は控えてください。

お酒は体にとって毒物であり、アルコールを解毒するのに肝臓が一気に働く事で疲労がどっ!とやってきます。

ファスティング後のお酒は大きな負担ですので、様子を見ながら少しずつ飲むようにしてください。

特にアルコール度数の高いお酒は控えてください。

詳しくは◎コチラ◎

 

ファスティングを行うと危険な方

ファスティングは誰でもできるわけではありません。

ファスティング開始直後は肝臓がいつも以上に働き、体調が悪い方が始めると急激な疲労感や、低血糖症状に悩まされたり、不調を招く事があります。

特に下記の方は注意が必要なので専門家の指示を仰いでください。

  • 活動性肝炎・肝硬変・ガン・胃潰瘍・十二指腸潰瘍の方
  • 精神病・狭心症・心室性不整脈、その他、現在臓器障害を起している方
  • 過去に心筋梗塞や脳卒中を起こした方、1型糖尿病の方
  • ステロイド投与中の方、その他投薬を中断すると危険のある方
  • 総コレステロールが140以下で低い方
  • 極度の貧血がある方 ヘモグロビン10以下
  • 極度の副腎疲労
  • 極度の低血糖症状がある方

など、持病、慢性疲労がある方は注意が必要です。

妊娠中、授乳中の方も専門家の指示を仰いでください。

 

酵素ファスティングのまとめ

ファスティングの要点をまとめます。

準備食1~2週間はグルテン(小麦)、カゼイン(乳製品)、カフェイン、スイーツを抜く。

ファスティング2日前から肉、魚、卵など動物性たんぱく質を抜く。
詳しくは◎コチラ◎

ファスティング中は酵素ドリンクを
女性:200~250ml
男性:250~300ml
酵素1:水6以上の割合で薄め、1日を通して、高級ホテルで上品にアフタヌーンティーをすするように小まめに飲む。

小まめに飲む事で血糖値を安定させる。

水、オーガニックハーブティーで2リットル以上の水分を摂る。
(酵素を薄めた水を合算)

マグマソルト(2~3g)、ミネラル酵素梅干し(1~2個)を摂る。
体感で塩の量を調整する。
甘いと不足、しょっぱいと足りている。

ダイエット効果を高めるには心拍数130~140程度の有酸素運動を行う。
ウォーキング、ジョギング、クロストレーナー、バーピー、ジャンプスクワット、水泳など。

半身浴、岩盤浴、よもぎ蒸し、低温サウナなど発汗を高めデトックスを高める。

 

回復食は3~4日間。
準備食と同じような食事にする。
詳しくは◎コチラ◎

 

ざっとこんな感じで酵素ファスティング(酵素断食)を行ってくだい。

不安な方はサポートも行っていますので、必要であればお問合せからご連絡くださいませ。

断食メガネ田中
ファスティング方法はこちら↓

↓準備食は大事

↓回復食は大切

↓ファスティングでバストを落としたくない

 

田中のサポート受けながらしっかりファスティングやりたい方はこちら
田中式ファスティングの説明・効果

 

動画で説明を見る

もっと詳しく動画で見たい方は下記を視聴してください

【ファスティング説明動画】
動画の時間割

●1.ファスティング方法
【最初~41:07】
(約41分間)

●2.なぜファスティングが必要な現代社会か?
【41:07~54:06】
(約13分間)

●3.ファスティングが及ぼす健康効果
(美肌、妊活、アレルギー改善など)
【54:06~1:13:54】
(約19分間)

●4.酵素ドリンクの説明
【1:13:54~最後】
(約13分間)

 

 

インフォメーション

▼おすすめプレミアム酵素ドリンク▼
lact_bnr01

 

断食メガネ田中
断食メガネ 田中のサポートを受けながら正しくファスティングしたい↓

田中式ファスティングの説明・料金・申込みはコチラ

●田中式ファスティング体験者の声
体験者の声をたくさん掲載しています

 

断食メガネ田中
断食メガネ 田中って誰?

●断食41日間実践!!ファスティング富士山登頂!!
ファスティング・筋トレ・分子栄養学の専門家
断食メガネ 田中裕規
田中の自己紹介です

●断食の様々な効果、方法を書いた田中の著書
『3日で人生が変わる究極の断食力』

tanaka_bookナチュラルラボショップで購入

amazonで購入

楽天ブックス

 

●LINE@でファスティング、ダイエット、健康情報を配信しています。
33

 

●ファスティング専用アイテム・健康食品を販売しています。
nlshop

 

●2ヶ月で-10kgのボディメイク!!
ファスティング&パーソナルトレーニングジム TUKURU-ツクル-
▼モニターさんのビフォーアフター掲載
tukuru

 

断食メガネ田中
SNSやってます♪気軽にフォローしてください♪

・YouTube ユーチューブ
ファスティング、筋トレなどの動画をアップしています
https://www.youtube.com/user/ukicks

・Facebook フェイスブック
健康情報をアップしています
https://www.facebook.com/ukickt

・ Instagram インスタグラム
トレーニング風景、ビフォーアフター、食べ物をアップしています
https://www.instagram.com/u_kick/

・Twitter ツイッター
お知らせ情報・健康・ダイエットつぶやき
https://twitter.com/tukuru_fit

 

AUTHOR
この記事を書いた人

田中 裕規(断食メガネ)/ファスティング、ホリスティック栄養学、分子栄養学、酵素栄養学、妊活、筋トレの専門家

プロフェッショナルファスティングマイスター(1級断食指導者)

田中 裕規(断食メガネ)/ファスティング、ホリスティック栄養学、分子栄養学、酵素栄養学、妊活、筋トレの専門家

プロフェッショナルファスティングマイスター(1級断食指導者)/ファスティングマイスター学院・理事・上級講師/臨床分子栄養医学研究会・指導認定カウンセラー/ファスティングサポート実績7,000人以上/ファスティングと栄養学のスペシャリストとして各メディアで紹介頂いています。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

POPULAR POSTS
よく読まれている話題の記事

RELATED POSTS
この記事に関連する記事

pagetop